コーヒーに含まれる「ポリフェノール」が良い

コーヒーが好きな方も多いと思いますが、実はコーヒーに含まれているポリフェノールが良いとされていることをご存知でしょうか?
こちらではコーヒーに含まれる「ポリフェノール」が良い理由を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

コーヒーの健康効果の成分として注目されているのが、コーヒーに含まれるポリフェノールであるカフェイン、カテキン、クロロゲン酸の三つの成分です。

個々の成分だけならば、それらの成分を含む食品はたくさんあります。
しかし、コーヒーに含まれるポリフェノールは複数有り、それらの相互作用によるコーヒーならではの健康効果も期待され、様々な研究が行われています。
NHKの「あさイチ」でも、「コーヒーと緑茶が死亡リスクを下げる」という話題で盛り上がるなど、最近コーヒーの健康効果が注目されています。

ポリフェノールは、植物が自身を酸化ダメージから守るために作り出す物質。「抗酸化物質」といいます。
人間には、生きていくうえで酸素が必要ですが、体内に入った酸素の1〜2%が「活性酸素」に変化します。活性酸素は細胞を傷つけ、体にさまざまなダメージを与えます。
紫外線、 イオン化放射線、大気汚染などがその原因とされるのですが、これらは生きていくうえで避けることができないものですね。
抗酸化作用のある食品を摂取し、体をキレイにしてあげることが大切なのです。

Filed under: 未分類 — staff 11:47 AM  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>